面接前の大事な一歩【サロン見学】

  1. 美ステーショントップ
  2. ブログ一覧
  3. 面接前の大事な一歩【サロン見学】

面接前の大事な一歩【サロン見学】

就職や転職をする際に、サロンの情報を色々なサイトやホームページで確認して
いくつかお店をピックアップすると思います
まずはサロン見学をしましょう
現場の雰囲気を知り、自分が働いているイメージをつかむ大切なプロセスになります
面接ほど細かくチェックはされないとは思いますが、相手にも見られている意識を持って臨みましょう
ではサロン見学をしていく上で、大事な項目を挙げていきたいと思います

見学当日までに準備しておくべきこと

見学当日までに準備しておくべきこと
①サロン見学をしているかどうか
②見学の日程、時間、担当者のお名前、サロンの場所の確認
③質問事項をまとめる

①サロン見学をしているかどうか
見学の申し込みを電話やメール等で行います(最近であればSNSで受け付けているお店もあります)
お店によっては見学をNGにしているサロンもあるので、注意しましょう
電話で行う際は土日祝や忙しい時間帯を避けて連絡するようにし、簡潔に伝えましょう

②見学の日程、時間、担当者のお名前、サロンの場所の確認
お店や担当者の都合を伺い、自分の予定と合わせて日程や時間等を決めましょう
事前に最寄り駅やお店までのルートを調べておくのをオススメします

③質問事項をまとめる
当日どれくらいの時間を割いて対応してもらえるかは、行ってみないとわかりません
何を見て、何を聞くのかは事前に優先順位をつけて考えておくといいです
スタイリストであれば、単価や客数、一日の仕事の流れなど
アシスタントであれば、教育カリキュラムやレッスンの時間などもいいかもしれません
転職の目的に合わせた質問をし、事前に調べて分かることは聞かないようにしましょう
また相手からの質問(なぜこのお店を選んだのか?etc)も想定して、スムーズに受け答えできるようにしておくのが望ましいです

見学当日に気をつけること

見学当日に気をつけること
①服装やマナー
②質問の仕方や見るべきポイント

①服装やマナー
服装はお店の雰囲気に合わせた格好が望ましく、強い個性がでるものは避けるのがいいと思います
ホームページなどで実際に働いているスタッフを参考にするのも良いです
第一印象でネガティブなイメージを持たれないように注意が必要です
入店したら事前に聞いていた担当者さんの名前を告げ挨拶しましょう
他のスタッフにも挨拶や来店されているお客様に会釈などもきちんと行います
服装やマナーなどに気を付けて良い印象を持ってもらいましょう
もちろん遅刻は厳禁です
相手に迷惑をかけてしまうだけでなく、印象も悪くなってしまいます
万が一、トラブルなどで遅れてしまいそうな場合は早い段階で連絡しましょう

②質問の仕方や見るべきポイント
前日までに考えていた質問をして、そのサロンの魅力を見つけ、しっかりメモしておきましょう
時間を割いて対応してもらえることがほとんですので、相手に対して失礼にならないような言い回しや言葉遣いを心がけましょう
面接よりも見学では、現場で働いているスタッフからリアルな声が聞けるのは大きなメリットではないでしょうか
同年代のスタッフを観察していると働いているイメージをしやすいかもしれません
できることならオーナーなど立場がある方ともお話する事をオススメします
今後のサロンの方向性や正しい情報が聞けるだけでなく、印象に残すことができるかもしれません
他にも普段の営業の雰囲気や客層、サロンやスタッフ間の雰囲気、設備関係なども見ておきましょう
雰囲気など抽象的な表現にはなりますが、自分が直感で感じ取ることは
今後働いていきたいか決める重要なポイントになります

まとめ

「少し面倒」「緊張してしまう」という気持ちもあるとは思いますが、
2次元だけの情報ではなく自分の目で見て、感じ事で得られるもの大きいと思います
サロン見学は一つのお店だけでなく、複数のお店に見学に行くと
希望のお店と比較しやすくていいかもしれません
ポジティブな事もネガティブなイメージも合わせてまとめると
フラットな視線で希望の職場を見つける判断ができると思います

受け身な姿勢ではなく積極的に自分の「なりたい」を叶えましょう
ぜひ面接の前の見学を検討してみてください